治療期間を短縮させる矯正治療|ひめの矯正歯科|西鉄福岡「天神駅」3分|土日も診療

受付時間受付時間10:00 - 19:00

休診日:木曜、第1第3日曜日(※)
※日曜診療が第1・第3に変更することもあります。

電話0120-878-978

上記番号で繋がらない場合:092-722-2181

駅チカ 西鉄福岡天神駅徒歩3分

治療期間をコンパクトに

compact

キービジュアル

治療期間をコンパクトに

可能な限り「治療期間を短く」する

結婚式就活お仕事」などの理由で、
できるだけ早く治療を終えたい方。

一度ご相談ください。
あなたに合わせた治療法を提案します。

担当医からのメッセージ

院長

「矯正治療は2~3年はかかるもの」。

このようなイメージがありますが、外科的な処置やある治療法を選択することで治療期間を短縮させることが可能です。

代表とされるのは次の3つです。

  1. 歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療
  2. 急速拡大装置」の利用

当院ではこれらすべてに対応しておりますので、ご自身に合った治療方法を選択することができます。それぞれ、ご紹介していきます。

「外科的処置」を活用する治療法

外科処置を活用し、治療期間を可能な限り短くする方法が2つあります。
それぞれご紹介します。

1、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

この治療は歯科矯正用アンカースクリューを歯茎の中の骨に埋め込み、ここを支点にして歯を移動させるというものです。

なぜこの方法で治療期間を短くできるのか? それには次のような理由があります。

理由1「抜歯せずに」治療できる可能性が高まるから

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

歯並びが悪くなるのは、歯が適切に並ぶスペースがないためです。
そのため、無理矢理、歯が生えてくるため、必然的に歯並びが悪くなります。

矯正治療をする際、まず考えることは、歯が適切に並ぶための「スペース」をいかに作るかです。一般的には「抜歯」をして生まれたスペースを利用します。

しかし、ここでご紹介する歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療は、詳細は割愛しますが、抜歯せずとも「スペース」を生み出すことができます

抜歯をすると、抜歯することで生まれたスペースを埋める作業が必要になります。スペースが大きければ大きいほど埋めるために必要な期間は長くなります。

しかし、抜歯しないのであれば、そのような期間は必要なくなります
つまり、本来必要であった治療期間が必要なくなるということです。

理由2力を分散させずにかけることができる

一般的な矯正治療

一般的な矯正治療の場合、右図のように「自分の歯」を固定源にして他の歯を動かします。そうなると両方の歯が動いてしまい、それを整える期間も必要となり、最終的には治療期間が延びてしまう欠点がありました。

歯科矯正用アンカースクリュー

しかし、歯科矯正用アンカースクリューを「固定源」にすると他の歯は動かず、動かしたい歯だけに力を加えることができるため、治療期間を短縮することができます。

「非外科的処置」で治療をする方法

外科処置を伴わない方法もあります

急速拡大装置

急速拡大装置

急速拡大装置を利用し、狭窄した歯列を広げることで歯を並べるスペースを確保する治療です。つまり、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療のように、抜歯せずに治療ができるため治療期間を短くできます。

矯正治療の内容や
メリット・デメリット、リスクについて

■ 治療内容

矯正治療とは、金属製のワイヤーやブラケットを用いた矯正装置や、マウスピース型カスタムメイド矯正装置などを歯に装着して、乱れた歯並びや噛み合わせをキレイに改善する治療のことです。凸凹な歯並びや出っ歯、受け口、口元の突出などの噛み合わせの悪い歯並びを治します。

■ 費用について

個人の症状や治療内容などによって異なるが、約20~100万円ほどかかる(自費診療)

■ メリットとデメリット

 メリット

  • 噛み合わせが整う
  • 虫歯や歯周病になりにくくなる

 デメリット

  • 抜歯を必要とする場合がある
  • 自費診療となり健康保険対象外であるため高額になることがある
  • 歯根吸収が起こることがある

■ リスク

  • 装置装着後と通院における装置調整後は、1~3日ほど痛みを伴うことがある。痛みの時間や感じ方には個人差がある。
  • ワイヤーやブラケットを用いた矯正の場合、歯と矯正装置の間には汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病(歯肉炎)になる可能性が高くなる。
  • 治療後、保定装置(リテーナー)を使用しないと、歯が後戻りをすることがある。

このページの先頭に戻る